10月ですね!秋を満喫しましょう(^-^)

2017年10月18日

星旅祭終了しました☆




星旅祭無事に終了致しました!



お足元の悪いなかご来場下さいましたみなさま、


そして星旅祭実行委員のみなさまありがとうございました◎


あっという間の35分間でしたが自然に囲まれたステージで


みなさまの温かさに迎えられとても素敵な時間を過ごさせて頂きました。


DSC_1251.JPG





当日は心配していたお天気もなんとか保ってくれ


マリンバも含め予定通りのパフォーマンスを上演することができました◎


全体での合わせもなかなかできない状況で


キャスト、演奏者の方と一人一人が真摯に作品に向かい


本番もチームワークでとても力強いパフォーマンスを披露して下さいました。



DSC_1255.JPG




そして今回星旅祭への参加に賛同し稽古から本番まで


メンバーを支えまとめて下さいました寺本さん。


ありがとうございました。



またどこかで銀河鉄道の夜を上演する機会があることを願いつつm(__)m




ありがとうございました☆



DSC_1262.JPG



☆☆☆



no-title





DSC_1245.JPG




DSC_1246.JPG




本番前のステージ裏です。


DSC_1249.JPG



そして夕方にはなんと晴れ間が!




no-title




(^ー^)

















posted by さとこっぺぱん at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | スタジオ・ポラーノ

2017年10月13日

明日は星旅祭!

雨ですね。。。




明日はいよいよ大田原市の星旅祭です。



お天気が気になりますが、お祭りは雨天決行です。


演奏予定のマリンバ(木琴)が湿気にとても弱い楽器のため


天候によってはマリンバなしでの演奏になってしまう可能性もあります。


ただ、
かなり大きなテントでステージを覆うようなので、


雨天時も演奏できるのではないかと期待しております。




ピアノとマリンバ


とても素敵なハーモニーで、


パフォーマンスもどちらになってもいいように2バージョンしっかり用意をさせて頂いております!


ぜひ、明日はマリンバもそろっての銀河鉄道の夜を皆さまにお届けできればと願います。



☆☆o(^o^)o☆☆







posted by さとこっぺぱん at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スタジオ・ポラーノ

2017年10月09日

オツベルと象写真

オツベルと象の製作風景から本番までの様子を少しだけご紹介します。。



今回小道具は発泡スチロールをいろいろ使いました。


DSC_1153.JPG


お月様役の青戸さんが被っている帽子のベースです。


DSC_1180.JPG


オツベルとコウベル(オツベルの姉)が食べるビフテキ

これも発泡スチロールに紙粘土をおおってます。




発泡スチロールを切るのに今回八木澤さんが

100円均一でこんなものを見つけてきました。


DSC_1155.JPG


熱で発泡スチロールを溶かし切るのです。

慣れるまでちょっとてこづりますが


慣れたら便利でした◎


さらに


DSC_1181.JPG


糸ノコで木材を切っている澤藤さんです。


器用に使いこなしていらっしゃいます。
さすがです。


私は小学校で使いましたけど切り口ガタガタ

こういう作業は向いてないのですが
そうともいってられず私も糸ノコを使いました。


そして
石と賢治のミュージアムへ入って。


当日パンフレットです。


DSC_1211.JPG



象の絵は山猫に続き八木澤さんが描きました。


会場の様子です。


DSC_1206.JPG


DSC_1208.JPG



DSC_1207.JPG



DSC_1220.JPG



前日に設営を済ませ


当日の午前中にリハーサルをしました。


DSC_1205.JPG





DSC_1201.JPG


オツベルに利用され囚われのみとなった白象のタネリ



お月様はずっとその様子を見守っていて


仲間の象へ助けの手紙を書くことをすすめます。



とっても素敵なシーンです。


そして本番です。


石と賢治のミュージアムの館長様のご挨拶からはじまりました。




DSC_1214.JPG







待機中の阿部さんです。

DSC_1223.JPG


今回オリジナルで作ってくれた曲が本当に素晴らしく



みんな何をしてても口ずさんでしまうのでした。


DSC_1215.JPG


タネリとお月様


遠くから聞こえる稲こき器械の音に惹かれ



白象のタネリは森からオツベルの農場へとやってきます。


DSC_1217.JPG


そこでオツベルに言いくるめられ労働をするようになりますが


それは日に日にエスカレートしてタネリは心身ともに追い詰められてしまいます。

タネリと逆にオツベルとコウベルはタネリが稼いでくれるお陰でどんどん裕福になっていきます。

DSC_1196.JPG

ですが


お月様の手助けもあり、


仲間の象がやってきてタネリは助かり


オツベルは象に踏まれて死んでしまいます。





かいつまむとそんなお話ですが、


でも原作をよんでも思いますが


オツベルも悪人というわけではありません。



きっと、オツベルはオツベルなりの夢を持ち


この社会を生き抜くために必死だったのだろうと想像し


自然(白象)に手を出すことがどういうことか


オツベル自身もわかっていたのではないでしょうか。



『オツベルときたら大したもんだ』



原作で繰り返し使われる言葉です。



よかったらぜひ原作もご覧くださいね(^-^)





終演後、



キャストとハイタッチしたり、


キャストにハグをしたお子さまがいらっしゃったり


そして3年連続でご来場頂いたお客様もいらっしゃいました◎



皆さまの笑顔にこちらが励まされるばかりです。



また機会があることを願って。





ありがとうございました。




(^-^)















posted by さとこっぺぱん at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スタジオ・ポラーノ